超絶初心者がWordPressが起動しない時の原因

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログについて
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後の記事更新からはや一ヶ月

お久しぶりです。

まおです(@maojoqr

ここ一月程めっきり更新が途絶えていたのはやる気がめっきり、

サイトが表示されなくなってしまったのです。(404エラーや503とか、サイトは開けるけど真白の更地エリア、オールクリーン)

当サイトはWordpressで運営しているのでプラグインの問題なのか、.htacessを弄ったからなのか、、間違った設定をしてしまったのか、あがけばあがくほどサイトが悪い方向にいっているような気がしてなりませんでした。

そもそもなんでそんな無知なのに弄るの?

無知な私がなぜ.htacessだとか設定だとかを弄ったのか。

PageSpeed Insights

きっかけはサイトの速度でした。

アクセスの少ない当サイト、せめて訪れた人には不自由ないサイトであってほしい。

32点!!

何をしたらそんな低くなるの!

そこからサイト速度向上委員会を設立。

画像を軽量化したり、キャッシュ系プラグインを導入したり、コードの最適化をしたり、.htacessに追加したり、

WordPress pagespeedinsights 高速化

で検索して上位の物から順番に適応していきました。

結果

404などのサイトエラー頻発、慌てて直前に操作した動作を削除。

結果、

サイトが真っ白。

 

もうね、サイトが真っ白になった時の絶望は尋常じゃない。ポケモンで負けた程度の真っ白なんて比じゃない。手持ち最後のポケモンがHP13しか残ってないのにこんらんして、電池も赤ランプ。もうずっとしんどい。いつになったらこんらんがとけるのだろう、げんきのかたまりはどこにいったのだろう。

げんきのかけらすら残ってない私にはもうサイトを閉鎖する一択しかなかった、誰も観ていないということは消えてもわからない。

サイトを、

→閉鎖する。

 閉鎖したい。

 閉鎖するしかない。

 というかサイトとか存在しない。

いっそ、消そう。

もう何をどうしてこうなったのか、こんな事をしてるのか不思議だった。

どこのサイトだったか、「サイトわからなくなったから、消してやりなおしました」

それだ、当たり前だが腰が重くてできなかったがゲームもそうだ。

八方塞がりになったらリセットする。

動かない日数を考えたら、即消した。

奇跡

大学の教授が講義の初めに言ったことを思い出した。

「君たち、バックアップをとりなさい、バックアップをとらない人生は半分損している。」

人生の半分バックアップにとられるわけないだろ、どんだけ中身のない生活なんだよ、、

その後、サイトのバックアップをとらないで一月無駄にした生徒がここにいます。

先生ごめんなさい、何も学んでいませんでした、、、

 

今から間に合わないかなぁと恐る恐るバックアップしてみる。設定は一から設定するとして、本文とかは流石に思い出せない。

ダウンロードできたこのzipファイルにデータや想いや苦労を乗せて、無理なら仕方ない。

初期化して、COCOONさんをダウンロードいざゆかん。

ZIPさん、ZIP兄さん頼みます。。

解凍。

 

ふっかつううううううう!!!!

本文もしっかり表示され、サイトの速度も95と良好。

そこから現在の状態までにどんなことをしたのか紹介します。またサイトの速度を下げていた原因も理解できたのでサイト初心者がつまずかないように、また自分が忘れないように書き留めておきます。

サイトの復活までの道のり

気をつけること

調べていくとやってはいけない事を色々していたみたいです。初心者にありがちですが調べたことをなんでも実践してしまう、私がしてしまったことは、

  1. プラグイン同士の干渉リスクを考えていなかった
  2. サーバー次第ではキャッシュ系プラグインは入れてはいけない
  3. .htacessに変に追加しない

 

プラグイン同士の干渉

プラグインとは導入するだけでサクセス解析ができたり、サイトの軽量化が可能になったりと非常に便利ですがあくまでWordpressが公式で出しているわけではありません、誰でも出せます。カレーで考えると、美味しいカレー作りたいからって色んなスパイスをありったけぶち込むわけではない。いかにカレーとして味が喧嘩しないかを考えるのだ。

便利プラグインではSEO対策やアクセス解析など複数の機能がセットで入っているものもあります。そこに同じ機能のプラグインを導入すれば喧嘩してしまいます。どんな機能があるのか、なんとなくではなくしっかりと検索しておきましょう。

 

サーバー次第ではキャッシュ系プラグインは入れてはいけない

当サイトではWPXサーバーを使用しています。

WordPressで運用するならXserver、もしくはWPXクラウドとおすすめしているサイトが多かったのでそれにすると決めただけで特に理由はありませんでした。契約後知りましたがこのサーバーではキャッシュの処理をサーバー側でやってくれるのでプラグインを入れてしまうと不具合が発生してしまうそうです。自分の使用しているサーバーと相性の良い、不具合のおこらないプラグインを調べておくとよいでしょう。

.htacessに変に追加しない

結果的に、自分で調べて色々と追加していたのですが基本的にサイト速度向上の根本的な解決にはなりませんでした。

 

pagespeedinsightsの点数をダントツで上げた方法

色々な事を試しましたが結果はGoogleアドセンスの自動広告が問題でした。

我らの神、COCOONさんでは自動コードを入力することによりボタン一つでレスポンシブな広告を至る所に表示させることができます。

一件便利な機能ですがそれに頼ることによって

  • 自動広告なので勝手に広告が表示される。
  • どこの広告箇所で収益につながったのかわからない。(貼るコードは一つなので)
  • 自動でするので読み込みに時間がかかるのでサイトの速度が遅くなる。

なので当サイトでは自動広告を外し自分で位置を指定して広告を掲載しています。(COCOONさんで広告を指定の位置に貼るのも簡単なのでおすすめです。)

 

久しぶりの更新でした

久しぶりに更新するとどんな感じのノリだったかわからなくなるなぁ。

新学期にクラスの人に再会した時のようなそんな気分でした。(もう四月ですねぇ)

この記事を書いた人
mao

思い付きでサイト作って、サイトの設定間違えて二年も契約しちゃって、困った。そんな人がサイト運営者です。完全個人で運営しているので突然サイトがおかしくなったりします。そんな時は助けてあげてください。勢いで二年も契約する頭です。察してね。(作り直して二回目、次はもう書きたくない。)

maoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました